2008年06月13日

「ベトナム経済事情:経済変調が強まる中での金利引き上げ実施」(第一生命経済研究所 経済調査部)

「ベトナム経済事情:経済変調が強まる中での金利引き上げ実施」(第一生命経済研究所 経済調査部)


(要旨)
• ベトナム国家銀行(中央銀行)は10日、足元のインフレ圧力に対応するため、政策金利である公定歩合(レポ金利)、リバースレポ金利、基準金利をそれぞれ13%、15%、14%に引き上げる決定を行った。

• 足元のインフレは、国際的な商品市況の高騰によるコストプッシュ型インフレに加えて、直接投資や海外労働者送金の流入による過剰流動性が内需を押し上げていることによる需要インフレ要因で増幅しており、5月のインフレ率は前年比+25.2%となっている。この結果、利上げによっても実質金利は依然マイナスとなっており、利上げによるインフレ抑制効果は限定的になると見込まれる。

• インフレの亢進により、先行きのベトナム経済は内需の押し下げによる景気下押し圧力が強まるものとみられる。その一方、中国の投資環境の変化により「ネクストチャイナ」筆頭格の同国向けの直接投資は依然として旺盛であり、景気の下支えになるものとみられる。

• 今回の対応の契機として、先物市場での通貨ドンの切り下げ観測があり、市場には一部に同国が通貨危機の引き金を引くのではないかとの憶測があった。しかし、同国は過去10年の間で潤沢な外貨準備を積み上げているほか、資本移動規制により急激な資本流出を免れる体制を整えており、短期的ショックへの耐性は備わっている。それ故に、同国政府は早急に実効性のあるインフレ抑制策を出すことが求められよう。



ベトナム株ランキング2位の「ベトナム株ブログサラリーマン」さん、ベトナム市場の明るい兆しについての記述、要チェック!
にほんブログ村 ベトナム株
posted by vietnammoney at 22:51| Comment(1) | TrackBack(0) | ベトナム経済分析レポート紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

夏のボーナスをさらに倍にする方法。

夏のボーナスの季節が近づいてきました。さて皆さんは何に使う予定でいらっしゃいますか?日経の記事によれば、パソコンと薄型テレビが人気のようです。

ボーナスの使い道、上位はパソコン・薄型TV 消費意欲は減退(日経)
 調査会社のMM総研(東京・港)は2008年夏のボーナスの使い道に関する意向調査をまとめた。用途を複数回答で尋ねると「商品やサービスの購買」を予定する人の割合は前年比8.3ポイント減の36.9%となり消費意欲の減退が浮き彫りになった。

 購入したい商品・サービスの分野では「ITデジタル家電」が46.5%でトップだった。品目ではパソコン(17.8%)が首位で薄型テレビ(16.2%)がこれに続いた。規格争いに決着がついたブルーレイ・ディスクレコーダーは6.1%で6位だった。

 その他の使い道では「旅行」(39.7%)、「衣類・服飾品」(28.3%)が上位だった。 (14:10)



しかし、私がオススメなのは、やはりベトナム株ではないかと思います。VN指数も370.55と、最高値の3分の1まで落ち込んできました。日々下落をしており、もはやベトナム株には、誰も手をつけられない状況になっているといえるのではないでしょうか。

ここが買い時です。安全策で行きたい方は、とりあえずベトナム株を日本で扱っている

ニュース証券


に、口座を開設し、上昇気流を待って、買い付けをするという作戦はいかがでしょうか。ニュース証券では、タイ株やロシア株、そして6月中旬からはついにドバイ株にも投資を行うとのこと。

まずは、ニュース証券に口座を開設して、上昇気流を待ち、夏のボーナスを二倍にしてから、薄型テレビを購入するという作戦はいかがでしょうか。






カリスマ投資家戸松信博が徹底した企業訪問と
外資系アナリストレポートを駆使して
ベトナム株の急成長銘柄をズバリ推奨!

詳細は今すぐ ココをクリック!
ラベル:ベトナム株
posted by vietnammoney at 21:18| Comment(0) | TrackBack(1) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

「ベトナム経済事情:金融当局が金融政策の大幅変更を実施〜市中銀行の資金不足への対応から預金金利の上限を撤廃、金融政策は一段と引き締め姿勢を強化(第一生命経済研究所)」

「ベトナム経済事情:金融当局が金融政策の大幅変更を実施〜市中銀行の資金不足への対応から預金金利の上限を撤廃、金融政策は一段と引き締め姿勢を強化(第一生命経済研究所)」


• 17日、ベトナム国家銀行は国内の市中銀行におけるドン資金不足に対応するため、預金上限金利の撤廃を公表。貸付金利にのみ適用してきた基準金利を預金金利に援用させることで、新たな銀行規制を行うこととなった。金融当局は今年2月より金融引き締めを行ったが、予てよりドン資金の不足感が強かった市中銀行では預金金利の引き上げ競争に入ったため、預金金利に上限を設けるに至っていた。また、足元のベトナム経済はインフレ圧力が亢進し、4月の消費者物価は対前年比+21.4%と1992年以来の高水準が続いているため、今回の措置に併せて政策金利の引き上げが実施される(公定歩合:500bp引き上げ(11.0%)、リバースレポ金利:550bp引き上げ(13.0%)、基準金利:325bp引き上げ(12.0%))。

• ベトナム経済は、インフレによりこれまでの高成長を支えてきた内需に下押し懸念が強まる一方、依然として直接投資を中心とした海外からの資金流入は活発に推移している。1-3月期の実質GDPは鈍化したものの、海外資本により生産は足元で上方トレンドにあることから、成長のモメンタムが挫けたと判断するのは早計であろう。一方で、世界的な金融不安が続く中、経常赤字やインフレ率が高いマクロ経済面でのファンダメンタルズの弱さに起因し、証券投資は弱含みの状況が続いており、株式市場は年初から50%超の安値圏で推移している。その結果、通貨ドンも対米ドルで減価基調が続いている。

• 先行きのベトナム経済は、インフレによる景気の下押しは避けられないものの、潜在的市場と地理的要因を背景とした直接投資の勢いは続くものと見られ、引き続き底堅い成長を続けるものと思われる。ただし、中長期的な持続的成長を目指す中では直接投資をさらに受け入れる必要があり、政府による規制のあり方や経済指標の頻度及び質の向上等、取り組むべき課題は多々残されている。
posted by vietnammoney at 21:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ベトナム経済分析レポート紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

対ベトナム直接投資の課題と展望(日本総合研究所)

対ベトナム直接投資の課題と展望(日本総合研究所)


諸外国から見た場合の、ベトナム投資の魅力である「人件費の安さ」についておもしろい考察。

外国直接投資を含む民間投資に対する政府の姿勢の変化もあり、ASEANにおけるベトナム投資の優位性は変わらないが、このレポートが指摘している点で特筆すべきは、

人件費上昇の懸念

についてです。ベトナムウォッチャー、ブロガーのみなさんが指摘しているように、いまベトナム経済で懸念されているのは、インフレであり、物価上昇はベトナム投資を検討するうえでの懸念材料です。

一方、このレポートでは、労働力の質の高さ、製造業の拡大、広域インフラの整備など、ベトナムの特質も書かれており、この点についての分析は投資家にとって見ておくべき点ですね。また、最大の援助供与国であるわが国の姿勢も重要であり、日越経済関係の強化をはかるべしとの結論です。


にほんブログ村 ベトナム株

posted by vietnammoney at 21:15| Comment(2) | TrackBack(1) | ベトナム経済分析レポート紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

いまがチャンス!ベトナム投資を始めよう!

さあ、しばらくこのブログはお休みしていましたが、そろそろベトナム投資のチャンスがやってきたのではないかと思っています。vn indexも1000ポイント越えなどといっていた数字が半分になり、ベトナム株を持っていた皆さんも塩漬け状態でしょう。

しかしそろそろ、上昇なのではないかとにらんでいます。朝の来ない夜はない、ということでそろそろファンドも含めてチャレンジしていこうかと思っています。塩漬けの方も、貯金を振り絞ってがんばってみてはいかがでしょうか?


2008/03/06 11:00 VNT更新
VN INDEX 611.17
前日比 +27.72 /+4.75%
売買高 9,886,201
売買代金 *百万VND 665,990
時価総額 *百万VND 231,957,139
総銘柄数 153
値上がり銘柄数 150
値下がり銘柄数 3

1口10万円からのベトナム投資ならユナイテッドワールド証券
posted by vietnammoney at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 私のベトナム投資日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。