2008年08月19日

「ベトナム経済は安定に向かっているか〜今後のCPIが最大の焦点」(みずほアジア・オセアニアインサイト、みずほ総合研究所)

「ベトナム経済は安定に向かっているか〜今後のCPIが最大の焦点」(みずほアジア・オセアニアインサイト、みずほ総合研究所)

ベトナム政府の景気過熱抑制策は概ね奏功してCPI上昇ペースの鈍化と貿易赤字の縮小がもたらされた。金融市場の動揺・混乱も、かなり収まってきた。直接投資の流入も順調である。これまでのところ、ベトナム経済は、基本的に正常化に向かっていると評価できよう。

ただし、@石油製品価格の引き上げで、08年8月以降のCPI上昇ペース再加速が確実な情勢となっている、A外国為替市場はいまだ自律的な安定を回復しておらず、上記のCPI上昇ペース再加速の程度次第では、再び不安定化する可能性がある、という2点に注意しなければなるまい。
posted by vietnammoney at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ベトナム経済分析レポート紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

【最新情報】9月1日スタートの「HS-VAMベトナム指数連動型ファンド」【エイチ・エス証券】について。

9月1日から、また新しいベトナムファンドが誕生します。ベトナム株投資に関心があり、はじめてチャレンジしてみようという初心者の方は、まずこうした、ベトナムの投資信託で腕を磨いてみてはいかがでしょうか?

かくいう私も、ついにベトナム株の個別投資をはじめてみましたが、最初はベトナムファンド(投信)で少しずつ投資を始めてみました。ファンドの成績は今は悪化していますが、いきなり個別株にチャレンジするよりは、ベトナム市場全体を見ることができて、初心者にはいいのではないかと思います。もちろん、チャレンジャーな人や個別株で一攫千金という方はこちらをどうぞ→「夏のボーナスをさらに倍にする方法」


今回ご紹介するのは、ご存じエイチ・エス証券の「HS-VAMベトナム指数連動型ファンド」です。最近のベトナム株の低迷も、底が見えてきたようです。ここで、これから多くのベトナムファンドが出てくるのではないでしょうか。

まずはこのファンドの特色を引用します。


ファンドの特色/運用方針
          
中長期の売却益を得るため、ベトナム証券取引所の指数にトラッキングすることを目的として、外国人が投資可能な時価総額上位の銘柄に投資します。

普通株への重点投資を維持し、少なくともファンドの純資産の2/3はベトナム投資可能指数の構成銘柄に投資するものとします。

投資家の買戻しや当座の資金需要に対応するための流動性を維持するために、短期の確定利付き有価証券に投資する場合があります。


ベトナム投資は、中長期で育て倍々ゲームになっていくのが理想です。また、時価総額上位の安定銘柄中心の投資であることも、魅力的です。

このファンドは、9月1日よりスタートしますので、買おうという方も、とりあえず検討しようかなという人も、ひとまずはエイチ・エス証券の口座を開設してはいかがでしょう。口座開設・口座管理料はもちろん無料ですので。


エイチ・エス証券


口座開設はこちらをクリックした後、「口座開設・資料請求はこちら」をクリック。必要事項を登録してネット上だけで資料請求作業ができます。






ベトナム投信のいいところは、ポートフォリオをプロが選んでくれるので、初心者がマーケットに入っていくよりは、利益を得られるだろうというところですが、ここで指摘しておかなければならないのは、投資信託には手数料がかかるということです。このファンドはもちろんオススメなわけですが、初心者たるもの、しっかり手数料についても勉強しなければなりません。

ということで、手数料概要について引用。

お申込時、ご換金(買戻し)時にご負担いただく費用

【申込手数料】
・1,000口未満 ・・・3.15%(税抜き3.00%)
・1,000口以上5,000口未満 ・・・2.625%(税抜き2.50%)
・ 5,000口以上 ・・・2.10%(税抜き2.00%)

【買戻し手数料】 ありません。


保有期間中に間接的にご負担いただく費用

管理報酬・・・純資産総額に対して年率1.60%
代行協会員報酬・・・純資産総額に対して年率0.40%
販売会社報酬・・・純資産総額に対して年率0.50%
受託会社報酬・・・純資産総額に対して年率0.125%
その他の費用等
監査報酬、ファンドの設立及び発行に関わる費用、有価証券売買時の売買委託手数料、信託事務の諸費用等は実費として間接的にご負担いただきます。尚、 これらの費用は事前に計算できない部分及び変更が予想される部分等があるため、そ の正確な総額を記載しておりません。合理的な費用のマーケティング等に関わる一部の 費用もご負担いただくことがあります。

※収益分配が行なわれた場合、当該収益分配日以降の基準価額は当該収益分配前の基準価額から当該収益分配金の額を控除した価額に更新されます。


これを見てみると、諸々の手数料がかかるわけですが、個別株投資をする場合でも、結構な手数料を取られますので、まあ妥当な線かなあと思います。買い戻し手数料がないというのはこれは親切ですね。

どの投資信託でもそうですが、またどの投資法でもそうですが、手数料はけっこう固定費用としてのしかかってくるので、購入前によく検討してみましょう。





エイチ・エス証券



9月1日より「HS-VAMベトナム指数連動型ファンド」の販売が開始されます。



posted by vietnammoney at 20:47| Comment(1) | TrackBack(0) | おすすめベトナム投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

「躍進するPetrovietnamの分析とベトナム・ガス事業の展望(石油天然ガス・金属鉱物資源機構)」【ベトナム経済分析レポート】

http://oilgas-info.jogmec.go.jp/report_pdf.pl?pdf=200807_035a%2epdf&id=2051
「躍進するPetrovietnamの分析とベトナム・ガス事業の展望(石油天然ガス・金属鉱物資源機構)」


本稿は、2008年3月にJOGMECがコンサルタント会社WoodMackenzieへ委託して実施した「ベトナムの投資可能性」調査のなかから、国営石油企業Petrovietnamの分析、およびベトナム・ガス事業の展望の2項目について概説したものである。

 ベトナムは最近の好調な探鉱成果により外国石油企業の関心を引きつけている。さらに石油ガス産業を発展させるとともに、Petrovietnamが近隣諸国NOCに倣って海外事業を展開するためには、同社の決断の遅さ・不明確さを含む経営体質を改善することが望まれる。またベトナムのガス産業は歴史が浅く、今後の発展余地が大きいが、環境問題対策に関連する将来の発電用石炭消費量によっては、ガス消費量に幅が生じてくることが考えられる。

posted by vietnammoney at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ベトナム経済分析レポート紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

円をドンにしました【初心者のベトナム株投資】

先日、ニュース証券に口座を開設し、ついに円をベトナムドンに転換しました。準備は万端です。

1000VNDを6.72円で転換。額面を見ると大金持ちになった気分です。円だと大して投資はしていないのですが。

私のポートフォリオ的には、下落しつつあるタイ株を一部処分し、こちらにあてました。


ベトナム株を始めるならこちらをどうぞ
夏のボーナスをさらに倍にする方法



電話でのやり取りということで、当初は不安もありましたが、転換後もすぐさま連絡をいただき、まずは弾込めが完了といったところでしょうか。

2008年07月01日

初心者がベトナム株に投資するときに気をつけることは?

vn indexもついに400ポイント回復ということで、下げ止まりつつあるように思えてきました。二番底をどこでつけるのかという問題もありますが、そろそろ個別株への投資を準備するときが来たようです。

いま私が考えているのは、

製薬、エネルギー、食品、金融、不動産

です。ベトナム株初心者は、それぞれのセクターの上位企業、とりわけ強い国営企業への投資を検討すべきでしょう。

みなさんの中にベトナム株投資へ関心をもっていらっしゃる初心者の方がいましたら、そろそろ口座を作り、通貨を円からドンへ変えるときが来たのではないでしょうか。

日本の証券会社でベトナム株を買えるのはいまのところ、ニュース証券だけです。口座開設に関心のある方は、こちらをクリックしてみてください。

夏のボーナスをさらに倍にする方法(08/6/12)

posted by vietnammoney at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 私のベトナム投資日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。