2007年07月18日

メリルリンチ、ベトナムへの「投資配分ゼロ」をアドバイス

ベトナム株上昇のきっかけともいわれる、メリルリンチですが、なんとベトナムから投資を引き上げろとアドバイス。いやはや。さすがですね。こうやって、ベトナム市場の暴落を誘い、買いを入れるわけです。いやはや。


メリルリンチ、ベトナムへの「投資配分ゼロ」をアドバイス [07/18 10:22]

 かつてベトナムに対し、ストロング・バイをアドバイスしていた国際的金融グループのMerrill Lynch(メリルリンチ)が180度、姿勢を転換したことがベトナム証券市場に波紋を投げている。先ごろ(7月5日)、発表されたメリルリンチの「アジア太平洋地域での投資戦略レポート」では、各国への投資配分をアドバイスしているが、なんとベトナムへの投資は「ゼロ」としているのだ。メリルリンチがベトナムから資金を引き上げるのは、高いP/E、伸び悩むEPS、過熱した売買代金とVN-INDEXが理由だという。

以下はアジア太平洋での投資配分アドバイス (日本以外)


投資配分
EPS成長%
2007 (*)
2008 (*)
P/E
2007 (*)
2008 (*)

ベトナム
0.0
10.0
8.0
39.5
36.2

インドネシア
0.5
41.5
19.7
16.7
13.9

タイ
1.0
(0.1)
16.0
10.8
9.1

フィリピン
2.0
9.5
9.7
16.0
14.6

パキスタン
2.5
12.4
12.5
11.2
9.9

インド
2.5
17.9
12.7
17.4
15.4

マレーシア
5.0
13.3
7.2
18.0
16.8

シンガポール
7.2
12.2
12.2
18.3
16.3

香港
9.0
17.0
6.3
15.6
14.5

台湾
10.5
22.0
22.5
15.9
13.0

中国
14.0
22.8
20.7
18.9
15.6

韓国
17.8
7.0
23.0
15.3
12.4

オーストラリア
28.0
9.2
6.2
16.7
15.4

合計
100%
(*)予測

 メリルリンチでは「1営業日当たりの売買代金がホーチミン証券取引所で3000万ドル程度に落ちている。2007年の初めには6000万ドルを突破していた。ベトナム証券市場は、冷える時間が必要だ」と見ている。

また、VN-Index(ベトナム株価指数)は2005年85%上昇、2006年145%上昇となった。2007年は、年初から35%上昇している。特に年初の3カ月だけを見ると、55%上昇となっていた。


 ベトナムのGDP(国内総生産)成長率はかなり目覚しいが、国内の企業は新株を追加発行するケースが多く、平均EPSは10%成長にとどまっている(2007年現在)。メリルリンチの試算だと、P/Eは39.5にのぼり、アジア太平洋地域の平均P/E (20以下)と比べ、2倍となっている。


そのうえで、レポートでは次のように結論付けている。


「ベトナムに投資するようアドバイスをしてから、ベトナム証券市場は212%上昇し、地域の平均成長率を167%上回った。この先は、ベトナムに投資配分を0とし、中国市場に投資すべきだ」



 メリルリンチは米国の最大手金融グループで、総資産は1兆8千億ドル。昨年10月、ベトナム証券市場について、「アジアでベトナムは最高の投資対象である」とのレポートを発表した。このレポートがきっかけとなり、海外投資家のベトナム投資ブームが巻き起こった。それが、今回、180度、姿勢を変更したことになる。



メリルリンチの投資配分「ゼロ」ショックがマーケットを揺るがすことになるのだろうか。先ごろ、HSBCのアナリストが「VN-INDEXは年内に900ポイントまで調整する」との悲観的なレポートを出したことが、「1000ポイント割れ」のきっかけとなったとされる。


だが、ベトナムの証券専門家の多くは「Merrill Lynchは別の関心や戦略を持っているが、Merrill Lynch以外の複数の金融グループはベトナム証券市場に関心を持っている」と冷静に見ている。国家証券委員会の幹部も「専門家でも意見が違う。われわれは評価が違うレポートにも慣れなければならない。投資の最終決定は投資家自身である。万一、レポートを元に投資をして失敗しても、自己責任であり、レポートを責めるべきではない」と語った。




posted by vietnammoney at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ベトナム最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。