2007年05月01日

「ベトナムのWTO加盟について」(貿易投資相談ニュースvol.144 April 2007 信金中央金庫総合研究所アジア業務室)【経済レポート】

第15位の年利96%さんも3年前から注目!
【株式投資人気ブログランキング!】





「ベトナムのWTO加盟について」(貿易投資相談ニュースvol.144 April 2007 信金中央金庫総合研究所アジア業務室)

ベトナムのWTO加盟にかかる合意内容とその影響

1.加盟の経緯
1986年に「ドイモイ(刷新)」政策
1996年のAFTA参加や2001年の米越通商協定締結
WTOには1995年1月の発足と同時に加盟申請し、その後12年にわたる二国間交渉や多国間協議を経て、2006年11月7日の一般理事会でようやく加盟承認

2.合意内容

(1)関税引下げ
関税が大きく引き下げられる品目としては、繊維製品、木材、紙、電気・電子設備、機械など

(2)サービス分野の開放
開放される11分野の内訳は、@法律、会計、コンサルティングなどの実務サービス、Aクーリエ、情報通信などのコミュニケーションサービス、B建設サービス、C卸・小売、フランチャイズなどの流通サービス、D教育サービス、E汚水廃棄物処理などの環境サービス、F保険、銀行、証券などの金融サービス、G病院などの健康関連サービス、Hホテル、旅行業などの観光サービス、I興行、電子ゲームなどの娯楽サービス、J海上、航空、鉄道、道路などにおける運送サービス

(3)加盟作業部会における約束
輸出支援、貿易権、貿易制限、知的財産

3.ベトナム経済への影響
WTO加盟はベトナム経済にとって追い風となりそう

4.中小企業にとってのビジネスチャンス
ASEAN第二の人口を抱え、市場経済国としての国内制度を整備しつつあるベトナムは、日本の中小企業にとってより魅力のある国になっていくと思われます。




ベトナム株投信徹底比較!


初心者がベトナム株投資にまず入るには、投資信託からがおすすめです。07/2/22現在、日本のネット証券で投資できる主なファンドは以下の3つです。
@ユナイテッドワールド証券の「ベトナム民営化ファンド5投資事業匿名組合」
Aグローバル・リンク・インベストメントの「ベトナム株ノーロードファンド」
Bアイザワ証券の「フェイム-アイザワトラストベトナムファンド」

参考 キャピタル・パートナーズ証券



【広告】 中国・ベトナム・インド・モンゴルなど、伸びる新興市場の情報を毎週掲載!




【日本旅行】東京発 ベトナム特集!価格と内容でイチ押し!
【日本旅行】アンコール遺跡・タイ・ベトナム・ミャンマー・ラオス・インド
【日本旅行】 イチ押し!タイ・ベトナム・アンコール遺跡・スリランカ
【日本旅行】観光コース充実!!ベトナム・カンボジア・ミャンマー特集
posted by vietnammoney at 11:47| Comment(2) | TrackBack(0) | ベトナム経済分析レポート紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。rikuoと申します。
ベトナム株投資を始め、ブログを立ち上げました。もしよろしければ相互リンクをお願いします!

ベトナム株投資成功計画
http://blog.livedoor.jp/vietnamkabu/

貴サイトはリンク済みです。
よろしくお願いします!
Posted by rikuo at 2007年05月01日 23:26
>rikuoさん
リンクさせていただきました。どうもありがとうございます。

非常に詳しいベトナム株ブログですね。日本にいながらにして、ベトナム株口座も開設されたようでうらやましい限りです。わたしもそろそろはじめたいものです。
Posted by vietnammoney at 2007年05月08日 06:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40500776

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。