2007年04月27日

ユナイテッドワールド証券のサイトで、ベトナム情報を収集する!

以前、ベトナム投資初心者にオススメの投資信託として、ユナイテッドワールド証券の、「ベトナム民営化ファンド5」を紹介しましたが、4月3日で募集は締め切られました。しかし、おそらく「ベトナム民営化ファンド6」が出てくることと思いますので、今のうちにユナイテッドワールド証券で口座を開設しておくとよいでしょう。最近のベトナム株の調整を受けて、次のファンドはスタートするでしょうから、いままでよりも狙い目かもしれません。私も検討しています。

口座開設してみようかという方は、本ブログの記事「ユナイテッドワールド証券の「ベトナム民営化ファンド5投資事業匿名組合」について(07/2/22)」を、ごらんください。

さて、このユナイテッドワールド証券ですが、サイトもなかなか勉強になります。チャーリー嶋のベトナム株速攻講座。自他ともに認めるアジア株通のチャーリー氏がベトナムについて、かいつまんで、しかし要点を説明。

それから、「月刊ベトナム株情報」という顧客配付資料がpdfで見ることができます。引用は控えますので、ぜひサイトをチェックして欲しいのですが、ベトナム市場の現状から展望の分析、4から5月は、「目先はスピード調整」、年後半からの四大銀行上場に期待しているようです。






ベトナム株投信徹底比較!


初心者がベトナム株投資にまず入るには、投資信託からがおすすめです。07/2/22現在、日本のネット証券で投資できる主なファンドは以下の3つです。
@ユナイテッドワールド証券の「ベトナム民営化ファンド5投資事業匿名組合」
Aグローバル・リンク・インベストメントの「ベトナム株ノーロードファンド」
Bアイザワ証券の「フェイム-アイザワトラストベトナムファンド」

参考 キャピタル・パートナーズ証券



【さらなるベトナム投資情報はこちらでさがす!】

2007年04月26日

ベトナム投資のほかに、FXもやってみませんか。

「ベトナム投資に必要なものとは?(07/3/25)」でも、おすすめしましたが、為替動向というのも、ドル建てベトナムファンドを購入する際、非常に重要になってきます。先日、私もアイザワ証券のベトナムファンドを購入したわけですが、1$=119.38円で購入しています。これからも円安傾向が続いて、ファンド解約の際に購入時よりも円安であれば、為替差益が発生するわけです。逆に言えば、円高傾向のときに購入するとよいともいえますね。

ここでベトナムから離れます。
先日、東京・世田谷でFXの売買利益4億円を隠して、脱税の罪に問われた主婦がいましたね。税務署としては、格好の見せしめになったかと思いますが、FX、いわゆる「外国為替証拠金取引」で得た利益は、「雑所得」扱いになるわけです。サラリーマンなら、20万円までは、非課税になるわけです。

しかし、「くりっく365」でFXを取引すると、申告分離課税で一律20%になります。これは、公設の取引所が提供する安心で透明性のある個人向けの外国為替証拠金取引でもあります。税制をよく考えてはじめるとよいかと思いますね。ちなみに私は、いまは雑所得扱いですが、くりっく365で口座を開こうかと検討中。

FXを扱う業者はたくさんいますので、

ALL外為比較

このサイトで、比較してみてはいかがでしょう。「くりっく365」であれば、スターアセット証券をおすすめします。

2007年04月25日

本日のVN INDEX(4/25) 【反発】

本日のVN INDEX
2007/04/25 11:00VNT
923.89 (+18.36 /+1.99%)
売買高 8,357,280

フェイム-アイザワトラスト ベトナムファンド
07/4/23 111.39$

反発。900ポイントをとりあえず維持。

【マーケットデータ】直近5営業日の取引結果(4月24日) [04/25 11:58]を見ると、「1営業日当たり出来高が多い銘柄」は、

第1位 STB(サイゴン商信株式商業銀行(サコムバンク))
第2位 PPC(ファーライ火力発電株式会社)
第3位 VFMVF1(ベトファンドマネジメント1)
第4位 REE(リー冷蔵電気工業株式会社)
第5位 PRUBF1(プルデンシャル・バランスファンド)

となっています。


【注目点】
1月2日から1月16日にかけての急上昇741.27→983.6
1月17日の964.96ポイント

【さらなるベトナム投資情報はこちらでさがす!】

2007年04月24日

本日のVN INDEX(4/24) 【つるべ落とし】

本日のVN INDEX
2007/04/24 11:00VNT
905.53 -25.65 /-2.75%)
売買高 8,986,729

フェイム-アイザワトラスト ベトナムファンド
07/4/20 111.73$

つるべ落とし状態です。今日は、3%弱の落ち方。1000ポイントに届どころか、一気に900割れの恐れ。まだ買いではないですね。しかし、アイザワトラストファンドの基準価額はなかなか落ちませんね。慎重なポートフォリオがここで現れたということか。

さて、ベトナムの祝日に伴い、4月26日(木)〜5月1日(火)まで、ホーチミン・ハノイ証券取引は休場となります。5月2日(水)より通常通り取引となります。一休みして、またアゲアゲとなってほしいものです。

【注目点】
1月2日から1月16日にかけての急上昇741.27→983.6
1月17日の964.96ポイント

【さらなるベトナム投資情報はこちらでさがす!】

2007年04月23日

本日のVN INDEX(4/23) 【ただいま暴落中】

本日のVN INDEX
2007/04/23 11:00VNT
931.18 (-37.7 /-3.89%)
売買高 8,986,729

フェイム-アイザワトラスト ベトナムファンド
07/4/19 111.92$

暴落中です。4%弱の落ち方は、ひどいですね。1000ポイントには届きませんでした。このまま1,000ポイントから離れるようだと、きびしいです。1月上旬にあった、2週間で驚異の33%上昇。この分まで帳消しになるかどうかですね。まだ買いではないでしょう。


【注目点】
1月2日から1月16日にかけての急上昇741.27→983.6
1月17日の964.96ポイント

【さらなるベトナム投資情報はこちらでさがす!】

2007年04月20日

本日のVN INDEX(4/20) 【続落】

本日のVN INDEX
2007/04/20 11:00VNT
968.88 (-29.21 /-2.93%)
売買高 8,986,729

フェイム-アイザワトラスト ベトナムファンド
07/4/18 112.09$

続落です。1000ポイントには届きませんでした。このまま1,000ポイントから離れるようだと、きびしいです。


【注目点】
1月26日の974.76ポイント
1月17日の964.96ポイント

【さらなるベトナム投資情報はこちらでさがす!】

2007年04月19日

本日のVN INDEX(4/19) 【千をめぐる戦い】

本日のVN INDEX
2007/04/19 11:00VNT
998.09 (-3.03 /-0.3%)
売買高 8,986,729

フェイム-アイザワトラスト ベトナムファンド
07/4/17 111.82$

1000ポイントを割りました。1000をめぐっての争いといったところです。もみ合った末の方向感が注目されます。

【注目点】
1月26日の974.76ポイント
1月17日の964.96ポイント

【さらなるベトナム投資情報はこちらでさがす!】

2007年04月18日

本日のVN INDEX(4/18) 【急反発】

本日のVN INDEX
2007/04/18 11:00VNT
1001.12 (前日比+35.4 /+3.67%)
売買高 6,683,360

フェイム-アイザワトラスト ベトナムファンド
07/4/16 112.05$

急反発で1000ポイント回復です。少しずつ回復していってほしいものです。

【注目点】
1月26日の974.76ポイント
1月17日の964.96ポイント

【さらなるベトナム投資情報はこちらでさがす!】

2007年04月17日

本日のVN INDEX(4/17) 【落ちる落ちる】

本日のVN INDEX
2007/04/17 11:00VNT
965.72 (前日比-17.28 /-1.76%)
売買高 6,686,440

フェイム-アイザワトラスト ベトナムファンド
07/4/13 112.24$

6営業日連続の続落です。とどまることを知らない暴落ぶりです。注目点として指摘した1月26日の974.76ポイントは、あっさり割りました。買いはまだでしょうか。

【注目点】
1月26日の974.76ポイント
1月17日の964.96ポイント

【さらなるベトナム投資情報はこちらでさがす!】

2007年04月16日

本日のVN INDEX(4/16) 【ついに1,000ポイント割れ!】

本日のVN INDEX
2007/04/16 11:00VNT
983 (前日比-29.98 /-2.96%)
売買高 6,686,440

フェイム-アイザワトラスト ベトナムファンド
07/4/12 112.31$

5営業日連続の続落です。ついに、1,000ポイント割れとなってしまいました。チャートも富士急ハイランド状態です。下げ止まる予感がありませんが、とりあえずの注目点は、

【注目点】
1月26日の974.76ポイント
1月17日の964.96ポイント

この二つです。ベトナム株暴落の感がありますが、「暴落」の定義とはいったい何なんでしょうか。戻り相場という期待感も込めた状況を予想してみると、暴落の定義は主観的だなあとも思えます。いずれにしても状況をよく見てみましょう。

【さらなるベトナム投資情報はこちらでさがす!】

2007年04月15日

DAIBOUCHOU式ベトナム投資セミナー(4月21日開催)

あの200万円を10億円にしたという、DAIBOUCHOU氏が今、資産2億円をベトナム株に費やしているということで、今回ベトナム投資セミナーをするそうです。チャンスのある方はぜひ。





http://www.seminars.jp/user/seminar_d.php?sCD=10180#lecturere1

六本木トレード大学 全12回シリーズ
第2回 DAIBOUCHOU式ベトナム投資

日本の不動産株で10億円儲けたDAIBOUCHOUが、最近挑戦中のベトナム株について初めて語ります。

・なぜ、今、ベトナム株に挑戦するのか?
・ベトナム市場は「高PER」で「バブル」なのか?
・ベトナムで有望な業界、業種、銘柄を探る。
・ベトナム株口座開設ツアーのエピソード
・具体的な売買方法、約定のコツ。
・日本と香港H株の投資はどうなの?

日程: 2007年04月21日(土) 〜 2007年04月21日(土)
時間: 16時00分 〜 18時00分
会場: 東京都 ホテルニューオータニ東京 タワー5階 やまぶきの間
価格: 10,000円 
講師: カリスマ個人投資家 DAIBOUCHOU 
ベトナム株の基礎から実戦編までをわかりやすくレクチャー。

◆講師紹介 カリスマ個人投資家 DAIBOUCHOU
1973年3月8日東京都生まれ。
現在インターネット・インベストメント・テクノロジー株式会社経営顧問。
法政大学社会学部を卒業後、パソコンメーカー営業職を経て、2004年10月に専業の個人投資家として独立。
2000年5月に200万円で株式投資を始め、2005年12月に資産10億円を達成したが、2006年の新興相場下落で資産半減。
パワービルダー、不動産流動化など、不動産業界の新たな潮流をいち早く見極め、資産を500倍に「大膨張」させた。
2006年12月にベトナム株を開始し、現在のパフォーマンスは+70%。
デイトレなど短期売買ではなく、企業業績分析による割安成長株投資を得意とする。
ベトナムの幼稚園や中国の小学校など、社会貢献にも積極的。バフェット氏の資産(5兆円)を超えるのが夢。
著書に「DAIBOUCHOU式 サイクル投資法」(宝島社)。

--------------------------------------------------------------------------------

◆セミナー内容
マクロ的にはベトナム経済が明るいこと。
GDP(国民総生産)は8%前後の成長を続けていますし、WTO(世界貿易機関)加盟の交渉も順調に行われています。
また、外国から大きな投資プロジェクトが実行されています。
インテルのハイテク工業団地(ホーチミン市)に6億ドル、日本電産も2010年までに総額10億ドルなど。
さらに、各企業が成長を続けており、中国株に変わる新しいものとして、ベトナム株の魅力は大変大きくなっております。

日本の不動産株で10億円儲けたDAIBOUCHOU氏が、最近挑戦中のこのベトナム株について初めて語ります!

・なぜ、今、ベトナム株に挑戦するのか?
・ベトナム市場は「高PER」で「バブル」なのか?
・ベトナムで有望な業界、業種、銘柄を探る。
・ベトナム株口座開設ツアーのエピソード
・具体的な売買方法、約定のコツ。
・日本と香港H株の投資はどうなの?

ベトナム投資を考えている方、ベトナムを知りたい方、投資家、資産家、資産運用を考えている方、海外に興味のある方など、是非是非ご参加ください!

--------------------------------------------------------------------------------

◆受講対象
ベトナム投資を考えている方、ベトナムを知りたい方、投資家、資産家、資産運用を考えている方、海外に興味のある方

--------------------------------------------------------------------------------

◆期待できる効果
ベトナムに秘められた劇的な将来性をあなただけが知ることができます。ベトナム・ホーチミンからの現地レポートなどを
通して、これからの資産運用について深い洞察とノウハウを得ることができます。


本当に10億円儲けたDAIBOUCHOUが投資情報を発信!あなたの代わりに銘柄探します!

詳細は今すぐ こちらをクリック!



【さらなるベトナム投資情報はこちらでさがす!】
posted by vietnammoney at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ベトナムセミナー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

私のベトナム投資計画【07年4-6月】

私のベトナム投資ですが、07年1-3月の基本戦略としては、「ベトナム市場の暴落時を狙い押し目で投信買い」ということで行きましたが、ベトナムインデックスが堅調で2月以降は下落気味でしたが、暴落というほどではなかったので、ファンド購入は見合わせてきました。
続きを読む
posted by vietnammoney at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 私のベトナム投資日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

「フェイム−アイザワトラストベトナムファンド」07年4月月報

「フェイム−アイザワトラストベトナムファンド」07年4月月報です。3月30日を基準日としております。

純資産価格 US$ 112.28
純資産総額 US$ 91.63百万

資産構成(対総資産比)
株式  US$ 26.39百万ドル(29.1%)
現金他 US$ 65.24百万ドル(70.9%)
合計  US$ 91.63百万ドル(100%)

運用実績
過去1ヶ月 +0.68%
過去3ヶ月 +9.24%
設定来   +12.28%

業種別配分
資産比 (%)
1.消費者向け製品・サービス 11.78%
2.産業向け製品・サービス  9.97%
3.金融・不動産       2.90%
4.テクノロジー       1.78%
5.素材           1.26%
6.エネルギー        0.84%
7.通信           0.57%
合計29.1%

国別資産配分
資産比 (%)
1.タイ     7.38%
2.ベトナム   5.97%
3.マレーシア  4.75%
4.台湾     3.50%
5.韓国     2.39%
6.シンガポール 2.30%
7.香港     1.43%
8.フィリピン  1.38%
9.現金     70.90%
合計100.00%

組入れ上位10銘柄
資産比 (%)
1.サイアム・シティ・セメント  4.22%
2.ハンサエ           2.39%
3.サルコン           2.11%
4.エリプシズ          1.78%
5.アマタ・コープ(NVDR)     1.71%
6.べダン・インターナショナル  1.43%
7.フェンタイ・エンタープライズ 1.39%
8.ユニバーサル・ロビーナ    1.38%
9.ベトナム乳業(ビナミルク)  1.28%
10.ジェネラル・フォワーディング 1.20%
合計18.89%


ファンドマネージャーのコメント

ベトナム市場概観
ベトナム指数は3月、前月比−5.8%の1,071ポイントとなり、過去4ヶ月で初めて下落して終えた。投資家の投資マインドは弱い。3月20日、グエン・タン・ズン首相は財務省及び証券取引委員会に対し、株式売買によるキャピタルゲインの海外送金に対する課税の見送りと、必要に応じて市場介入を実施するよう指示した。同首相は株式市場の持続的な発展、流入資金の規制、一般投資家に対する投資教育などの必要性を強調した。

ベトナムの2007年第1四半期のGDP成長率は、過去7年間で最大の+7.7%となり、鉱工業及び建設セクターでは+9.3%となった。また、サービス業は+7.8%、農林水産業は+2.3%であった。2007年第1四半期の鉱工業生産高は+16.6%、輸出は+18%の105億米ドルであった。

海外からの直接投資は引続き堅調で、第1四半期は前年比+22%の25億米ドルとなった。投資額の49%はサービス業で、48%は鉱工業となっている。最大の投資国は韓国で、その額は4億86百万米ドル、次いでシンガポールの4億76百万米ドルとなっている。

3月の消費者物価指数は月間−0.2%で、旧正月を終えたことから娯楽用品やスポーツ用品は−1.2%となった。しかしインフレ圧力は依然としてくすぶっており、電力、石炭、セメント、食品価格の上昇を背景に、2007年第1四半期では+3.0%となった。多くの食品価格は年間で10〜30%上昇したと思われる。統計局では、4月の消費者物価指数は、米の輸出価格の上昇を背景に月間で0.1〜0.2%上昇すると予想している。

グエン・タン・ズン首相は、有毒化学品、メディア・マスコミ、航空管制、宝くじ、造幣などを含む19の主要産業を100%国家による運営にすると宣言した。また保険、外貨取引、石油・ガス、インフラを含む重要産業についても最低50%以上を政府が保有するとした。政府は20の企業グループと大企業、国有銀行4行の株式会社化を2007年にも実施する予定で、市場の拡大が期待される。

ペトロベトナム・ドリリングは、シンガポールのケッペル・コーポレーションから原油掘削設備を購入した。水深91メートルの海洋で、深さ6,000メートルまで掘削が可能となる。また110人の技術者を配置できる。ベトナム第二位の商業銀行であるアジア・コマーシャル・バンクは、今年1億53百万株を新たに発行し、1兆53百万ベトナムドンを調達する予定である。ベトナム乳業(ビナミルク)は、現在シンガポール証券取引所へ上場するため、政府の認可を待っている。

ファンドレビュー
3月は米ドルベースで+0.68%上昇した。現在は保守的な運用姿勢を採っている。最近の世界的な金融市場の乱高下は、ベトナム市場の割高なバリュエーションにブレーキをかけた。現在、外国人投資家は割高なベトナム上場株の買いを手控えている。国内投資家はすばやく金儲けをしようと買いに出ていたが、現在は売りに回っている。なぜなら外国人投資家の資金流入が減少したことに気づいたからである。国内投資家は予想されるキャピタルゲイン課税の導入と、第1四半期決算の発表を前に、リスクを取るのを嫌がり市場参加をためらっている。現在、ベトナム市場にはこ
うした不透明感がくすぶっているので、3月初頭からベトナム上場株をいったん売却して利益を確定した。またベトナム上場株の組入れを最小限とし、ボラティリティを減らした。代りに割安なアセアン上場のベトナム関連企業の組入れを増した。

現在、長期的な成長性のある公共設備事業を手掛ける未公開企業への投資準備を進めている。キャッシュ・ポジションを高めているが、市場で調整があれば積極的に株式を組入れる方針である。適正水準にあるベトナム市場の優良株の発掘に努めている。


3月は、ベトナム指数が-5.8%であったのに対し、このファンドは+0.68%と、堅実な投資が結果として表れていますね。

国別資産配分を見ると、タイのほうがベトナムを超えてしまい、アジアファンドの様相を呈していますが、調整が終わり次第ベトナム株へシフトしていくのでしょう。

サイアム・シティ・セメント(SCCC)は、タイのセメント大手企業。アユタヤ銀行(BAY)オーナー、ラタナラック(李)財閥系で、98年にスイスのセメント世界大手ホルシムの出資を受けた。セメントの年産能力は1450万トン。06年決算は売上高が前年比5.7%増の236.5億バーツ、最終利益が5.4%減の38.6億バーツ。

長期投資ということで、公共関係の投資準備をしているようです。今後の展開が楽しみです。基本的に私は、バイ・アンド・ホールド。暴落時に買い増しで行きたいと思います。個別株投資は少しずつ勉強していければなあと思っております。



ベトナム株投信徹底比較!


初心者がベトナム株投資にまず入るには、投資信託からがおすすめです。07/2/22現在、日本のネット証券で投資できる主なファンドは以下の3つです。
@ユナイテッドワールド証券の「ベトナム民営化ファンド5投資事業匿名組合」
Aグローバル・リンク・インベストメントの「ベトナム株ノーロードファンド」
Bアイザワ証券の「フェイム-アイザワトラストベトナムファンド」

参考 キャピタル・パートナーズ証券




【さらなるベトナム投資情報はこちらでさがす!】
posted by vietnammoney at 19:04| Comment(1) | TrackBack(0) | おすすめベトナム投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日のVN INDEX(4/13) 【4営業日連続続落】

本日のVN INDEX
2007/04/13 11:00VNT
1012.98 (前日比-14.6 /-1.42%)
売買高 6,686,440

フェイム-アイザワトラスト ベトナムファンド
07/4/11 112.35$

4営業日連続の続落です。注目の、4月3日の1027.53ポイントも下回ってしまいました。週明け、1,000ポイント割れとなれば、とまらない恐れありですね。

【注目点】
1月26日の974.76ポイント
1月17日の964.96ポイント

【さらなるベトナム投資情報はこちらでさがす!】

2007年04月12日

本日のVN INDEX(4/12) 【3営業日連続続落】

本日のVN INDEX
2007/04/12 11:00VNT
1027.58 (前日比-7.1 /-0.69%)
売買高 4,626,430

フェイム-アイザワトラスト ベトナムファンド
07/4/10 112.60$

3営業日連続の続落です。注目の、3月28日1031.79ポイントは下回ってしまいました。下落傾向です。4月3日の1027.53とほぼ同水準ですので、1000ポイント割れが次の目安となるでしょう。


【注目点】
3月28日の1031.79ポイント
4月3日の1027.53ポイント

【さらなるベトナム投資情報はこちらでさがす!】

2007年04月11日

アイザワ証券、ベトナムファンドがけん引しネット取引口座大幅増(日刊工業新聞)

アイザワ証券、ベトナムファンドがけん引しネット取引口座大幅増(日刊工業新聞)

 アイザワ証券は06年9月に発売したベトナムファンドがけん引し、ネット取引口座の増加数が大幅に拡大したことを明らかにした。07年1月の月間増加数は3662と過去最高を記録しており、累計の口座数は3月末で8万を突破した。同社ではネット取引の収益の30%がベトナムファンドをはじめとしたアジア関連の株、投資信託としており、アジアに特化した戦略が奏功した格好だ。

 ベトナムファンドは昨年9月、原則的に毎日、買い付け・解約が可能なオープンエンド型では国内で初めて販売を開始した。運用はシンガポールに拠点を置くフェイム・アセット・マネジメントが担当している。

全文記事は日刊工業新聞ホームページへ

日刊工業新聞の記事ですが、アイザワ証券のネット取り引き口座が大幅拡大、原因はベトナムファンドによるものと報じています。すごいですね。このファンドは、ベトナムインデックスの伸びに比べて、リターンが慎重すぎると言うことで一部個人投資家から批判の声が上がっているようですが、逆に言うと、慎重なポートフォリオを組んでいるとも言えますね。ベトナムファンド投資信託は数種類ですが、よく検討の上みなさんも勉強していただければと思います。投資は自己責任で。


ベトナム株投信徹底比較!


初心者がベトナム株投資にまず入るには、投資信託からがおすすめです。07/2/22現在、日本のネット証券で投資できる主なファンドは以下の3つです。
@ユナイテッドワールド証券の「ベトナム民営化ファンド5投資事業匿名組合」
Aグローバル・リンク・インベストメントの「ベトナム株ノーロードファンド」
Bアイザワ証券の「フェイム-アイザワトラストベトナムファンド」

参考 キャピタル・パートナーズ証券


【さらなるベトナム投資情報はこちらでさがす!】
posted by vietnammoney at 19:00| Comment(1) | TrackBack(0) | おすすめベトナム投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日のVN INDEX(4/11) 【続落】

本日のVN INDEX
2007/04/11 11:00VNT
1034.68 (前日比-4.99 /-0.48%)
売買高 4,260,930

フェイム-アイザワトラスト ベトナムファンド
07/4/4 112.52$

続落です。商いが薄くなってきていて気になりますが、3月28日の1031.79ポイントはまだ維持していますね。


【注目点】
3月28日の1031.79ポイント
4月3日の1027.53ポイント

【さらなるベトナム投資情報はこちらでさがす!】

2007年04月10日

本日のVN INDEX(4/10) 【ベクトル見えず】

本日のVN INDEX
2007/04/10 11:00VNT
1039.67 (前日比-1.69 /-0.16%)
売買高 6,140,660

フェイム-アイザワトラスト ベトナムファンド
07/4/3 112.34$

もみあっています。方向感を見失っているような展開です。このあとが上なのか下なのか。なんともつかめません。

【注目点】
3月28日の1031.79ポイント
4月3日の1027.53ポイント


【さらなるベトナム投資情報はこちらでさがす!】

本日のVN INDEX(4/9) 【もみあい】

本日のVN INDEX
2007/04/09 11:00VNT
1041.36 (前日比+7.44 /+0.72%)
売買高 5,815,600

フェイム-アイザワトラスト ベトナムファンド
07/4/3 112.34$

もみあっています。とりあえずの1000ポイントは今のところ大丈夫ですね。

【注目点】
3月28日の1031.79ポイント
4月3日の1027.53ポイント


【さらなるベトナム投資情報はこちらでさがす!】
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。